FC2ブログ
☆恋愛系情報商材辛口レビュー☆

星の数ほどある恋愛系情報商材の中でも超優良なものだけを厳選してご紹介します~もう迷わない~


プロフィール 

tomotaro777

Author:tomotaro777
名前:朋太郎

年齢:30を少々超えたところ

趣味:歌 女 酒

女歴:10数年

一言:モテるかモテないかはその人しだいです。


カテゴリ 


最近の記事 


リンク 

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告


狙った女を“一撃”で落とす!

「狙った女を一撃で落とす」がついに帰ってきました。しかも安くなって(期間限定です)
記念して第2弾でレビューしたいと思います。


狙った女を一撃で落とす


この商材の特徴はなんと言っても基本変と実践篇で500ページものボリュームがあり、さらに特典をつけると650ページを超えてしまうのです。そしてきちんと順序だっており、かつしっかり体系立ています。しかも説明も読みやすく、情熱も伝わってきます。

おまけに、音声ファイルまでついており時折更新されるようです。今現在で6つの音声ファイルが存在しており、購入者はいつでもダウンロードページからDLできます。

で、どのように使うかというと、この商材自身が恋愛に困ったとき、迷ったときに紐解く辞典的な商材になっているということでしょう。

それくらい恋愛について(具体的には口説き落とすこと)いろんな角度から心構え、テクニックを丁寧に記述しています。

ただ、実際に辞書的に使うには索引とか細かい章立てが不足しているのでプリントアウトして自分なりにカスタマイズすることをお勧めします。

構成:
基本篇と実践篇がメインであとは特典がいくつかついています。基本篇は実践篇の基本となるので是非身につけていただきたい部分です。

また、実践篇はとにかくシンプルなのが特徴でしょう。しかも体系だっているので誰にでも簡単にインプットできると思います。(もちろん実践するかどうかは別です。)

概要:
基本篇は全10章、実践篇は全7章で構成されています。

まず基本篇からレビューしていきます。基本篇は第2章から第5章が重要でメインだと思われます。

第一章 鬼モテ男の魂

モテる男の魂、つまり心構えというかメンタリティーは普通と違います。とにかく「そこまでかすごいのか」と思うほど、熱く思っていることがあるのです。

どうやったらそんな魂を持てるようになるのか、それはこの章での説明ではなくこの商材全体を通して実践して身につけていくような仕組みになっています。

第二章 メスの本能の神秘

この章は基本篇の中でも最も重要な部分を占めるので是非何度も読んで潜在意識の中に叩き込んでおきたいところです。

本商材の桜井さんはとにかく女と男がまったく違った存在であることを徹底的に説いています。女は宇宙人とも表現しています。

そして女の本質、メスの本能さえ分かれば間違いなくたやすく落とすことができるでしょう。
そして、その本能をあらゆる角度からぐさっとえぐりだすという感じで説明してくれます。たぶんこの章だけでもとても価値があるのではないかと思います。

キーワードは「論理」と「感覚」です。

第三章 メスが求める男

この章も第二章に続いて重要なんですが、第二章が「女」という部分に焦点を絞ったのに対してこの章は「人間」の本質に根ざしたことを説明しています。

キーワードは「自己重要感」です。この言葉は複数の書籍で目にすると思いますが、それを恋愛、こと口説くという部分でどう活用していくかというところが目玉です。

さらに自己重要感に関連して「共感」「肯定」というキーワードもあります。このキーワードに沿って会話を構成していき、いつの間にか好きにさせてしまうという基本的な、そして確実なテクニックです。

第四章 絶対の自信

さて、恋愛において最も基本的でかつ最重要でしかも「言うは易く行うは難し」というキーワードが出てきました。

これさえあれば、学歴も、職業も、収入も年齢も国籍もまったく関係なくもてるとあります。その通りだと思います。

では、この章でその身につけ方を説明しているかというと残念ながら説明されています。というよりもできないんですね。

それはなぜかというと説明されて頭で分かっても、身につくものじゃないからです。

この「絶対の自信」というのは結局この「一撃」を実践する中で身につけていくものなんです。そういう意味では第一章の鬼モテ男の魂と一緒だと思います。

この章では自身を身につけることの重要性が詳しく説明されています。

第五章 究極のマインドセット

私が一番大好きな章です。早速キーワードなんですがネタバレだったらごめんなさい。「さも当然」マインドです。普通の男のマインドとモテる男のマインドは正反対なんです。

普通の男のマインドではどうしても女にこびてしまう部分があり、モテるとは正反対の現象になってしまいます。なぜなら第二章でいうメスの本能をつくこともなければ、第三章で言うメスが求める男にもなれないからです。

このさも当然マインドも結局は、第一章の「鬼モテ男の魂」と、第四章の「絶対の自信」が背景にないと難しいでしょう。

さて、第5章まで説明してきましたがここまでが基本篇の中でももっともメインの部分になるかと思います。

第六章以下はスーパー基本的なことです。たとえば清潔感やファッションについてです。なのでレビューは端折りますが、一言感想としては、桜井さんはこんな細かい部分まで徹底しているのかと思わず感心させられてしまうということです。

第六章から第十章まで目次だけ紹介します。

第六章 「超」清潔感

第七章 コンプレックス消去法

第八章 鬼モテ服

第九章 ”イケてる”オーラ

第十章 スマート会話法


実践篇

第一章 恋の”3ステージ”

この第一章が、実践篇のメインの部分であり全体の中で言えば総論的な部分です。ですので第二章以下はこの総論に対する各論、つまり総論の中で実践していくテクニック的なものです。

そして、第一章を実践するには必ず基礎編を身につけていなければなりません。

さて、この章なんですが、実際に3ステップを踏んでいただくことになっています。この3つはここで紹介するとネタバレになってしまうので控えますが、とにかくこの3ステップ、つまり段階を無視してはいけません。

つまり、一撃で落とすための伏線を張るのである。もちろん女を罠に落とす的なじゃどうなものでは決してありません。

この3ステップをしっかり頭に入れて順番よく実践していけばいいだけなのでとてもシンプルで簡単です。

第二章以下ではいかに早く、確実に落としていくかのテクニック的な部分です。3ステップのプロセスで使っていきます。

第二章 落ちるギャプ

簡単に言えばどのようにギャップを出していくかというテクニックの部分です。キーワードは「振り幅」と「スイッチ」です。

これも3ステップの部分に組み込んで使います。この章では「振り幅」と「スイッチ」という概念を使って具体的に説明していますので、とても分かりやすく、なるほど~と感心させられました。

第三章 聞き上手

ここでは、しゃべる動物である女のあのおしゃべりをどのように聞いていくか・・・・です。一応基本的なことばかりで知っている、やっているよという人も多いかと思いますが、一応簡単な内容だけご紹介します。

会話の内容、リズム、テンポ、間の取り方、話を聞く割合、などです。たぶん基本的過ぎることなのでここは飛ばしてもいいかもしれません。

第四章 口説きの極意

この実践篇の中で超がつくほど重要で大事なポイントだと思います。ここばかりは最低10回ぐらいは呼んで、身につけるべきだと思います。

実際私の経験から言ってもその通りで、ある意味、少しぐらい欠点があってもこの章に書いていることを徹底してやったら間違いなくモテるでしょう。

この章に書かれていることは基本篇の第二章の「メスの本能の神秘」と第三章の「メスが求める男」に通じる内容だと思います。

女だけというより、男だってそういうことをされれば必ずその女にほれるのではないだろうか???

具体的な内容は差し控えますが、ここに書かれていることを徹底することは本当に重要なことだと思います。

第五章 好意のスキンシップ

さて、ついに私の得意な分野が登場しました。上記では第四章がめちゃくちゃ重要であるというような書き方をしましたが、実は・・・本当は・・・こっちのほうが最も重要な事柄だと思います。

これは個人的経験からもいえますし、いろんな人が認めています。つまりタッチングです。私は女の子に触るのが超得意です。自分なりのワザもあります。ただ、それはここでは披露しませんが・・・・

だからこそこの章の重要性がわかります。個人的に一言だけ言わせてください。「女は男に何度も触られ続けるとその男が好きになります。たいていそうなります。不思議だがそうなります。」以上。

個人的意見はさておき、桜井さんもこのことは別の表現で認めていますし、またこの章でどのようにスキンシップしていくのかがこれまたいろんな角度から書かれています。

そのときもやっぱり清潔感が大事なので基礎編に書かれていることはしっかりやりましょう。

第六章 デートマスター

基本的には第一章の3ステージに絡んでくるんですが、デートの基本的なマナーだとか段取りの重要性だとか、ここではこうせよそこではこうせよと微に入り細を穿つがごとく、こと細かく詳しく書いています。

もうとにかく辞典だと思ったほうがいいでしょう。デートの際の参考にしてください。

第七章 錯覚で落ちる恋の罠

ついに最終章に近づいてきました。ここで一撃で落とすための最後の仕掛けをします。あせってはいけません。

やることは全てやってきたのですから最後の仕掛けさえすれば一撃どぼんです。

その最後の仕掛けとは・・・・女の心を○○するのです。それにつきます。この仕掛けについて説明しています。しかも詳しく・・・・

ここまで仕掛けられたら一撃でシトメられない女はいないでしょう。すごいです。

最終章(第八章) ”一撃”告白

さて、ついに待ちに待った最終章の告白・・・もうやることは全部やってきた。自信を持って告白だ。と思ったら、まだなんです。

まだ実は仕掛けが残っているんです。それは振られない告白をするためなんです。結論から言えば見事な心理作戦を展開して確実にイエスを言わせるのです。

やり方は読んでいただければわかるのですが、ここまできてもまだ心理的に揺さぶりをかけてこれでもかこれでもかとやっていくのです。

私が女だったら我慢できなくなって逆に告白するかもしれません。

たとえて言うならばこの方法は、魚を銛で一撃で仕留める方法ではなく、網の中に撒き餌をしこみ網の中に自ら飛び込まずにはいられない・・・という心理状態を作り出していくのです。

この手法を使われたら女のほうはたまらないでしょう。まちがいなく一撃でしとめられるでしょう。

”一撃”の名にふさわしい見事な仕留めぶりです。

評価:(あくまでも個人的評価です)

①教材の使いやすさ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本当に分かりやすくかつ説得力のある文章でとても素晴らしい。惜しむらくはもうちょっと細かく章立てをしてほしかった。読み返すのにちょっと苦労するかも・・・・・

②習得容易性 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

基本的に量が多いのですぐに身につくというわけではないと思うが一つ一つの知識は体系のなかにあり分かりやすく書かれているので習得は容易だと思います。

③実践可能性 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

実践は場所や時間を選ばずやる気ひとつで可能です。やる気だけです。

④普遍性・応用性 ☆☆☆☆☆☆☆☆

女を一撃で口説き落とすという趣旨なので他の分野たとえばナンパとかにも使えると思いますが、ただ、そういう趣旨ではなく、ある程度知り合っているとかコンパで使うといった感じです。

⑤独自性 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

基本篇・実践篇を通して、基本的、誰でも知っているようなことも書いてあったがやはりオリジナリティーがたかい商材だ思います。

⑥セールスレター一致度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ほぼ一致しているかと思います。

⑦ボリューム ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

問題なくたっぷりあります。

⑧購入しやすさ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

期間限定ですが安くなりました。今がまさに買いでしょう。

⑨アフターフォロー ☆☆☆☆☆☆☆☆

メールでのアフターフォローがついております。個人的に使ってないのであまり分かりませんが、桜井さんはきっと真剣に相談に乗ってくれるのではないかと思います。あくまでも個人的意見ですが・・・

⑩アフター費用 ☆☆☆☆☆☆☆☆

デート代とかコンパ代とかホテル代など・・・・

総合計 90点

感想:

「狙った女を一撃で落とす」はしばらく販売中止になっていました。そして最近また復活しました。

そこでレビューするためにもう一度読み直したのですが、ぜんぜん色褪せていないどころか、読めば読むほどますます輝きを放っています。

とにかく、量が多いので読むのに苦労するのですが、読んだ分だけ新しい発見と感動があり、恋愛こと女を口説くのに慣れていない、または、もっと確実に口説き落とせるようになりたいと思っている人に特にお勧めします。

そしてこの商材を買ってしまったなら、他の恋愛系情報商材は不要でしょう。この商材を、プリントアウトして、何度も読んで実践を繰り返し、ご自信でカスタマイズして、迷ったときは辞書のように読み返すといいと思います。

この商材を読む必要がなくなるまで繰り返したら、あなたはすでに恋愛、口説きの達人になって、恋愛ライフを自由自在に楽しんでいるでしょう。

第二弾終わります。


狙った女を一撃で落とす





スポンサーサイト
2008/04/15 17:54|恋愛系TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://emperor9.blog46.fc2.com/tb.php/7-c554f5f1


Ranking 

情報商材アフィリエイトLPO


お薦め 

Copyright(C) 2006 ☆恋愛系情報商材辛口レビュー☆ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。